products

BUSCHETO

エムピウのラインナップに加わった新たな革「ブスケット」についてご紹介します。

イタリアにある[Concieria Puccini Attilo s.r.l.]というタンナーさんの植物タンニン鞣し革で、ピサ大聖堂の設計者である建築家のお名前[BUSCHETO]から名付けられました。
中米固有の木で主に家具の製造に使用されるケブラコ[Quebracho]と栗の木から抽出された天然タンニンによる100%シブで鞣されています。加脂は動物性脂肪と天然油を混合したSEGO、太鼓での染色と顔料を使わないアニリン色仕上げの皮革です。

ReadMore →

2020年08月17日

piastra BUSCHETO

piastra BUSCHETO

ポケットに入れることを想定して小ささよりも薄さを大事に。
お釣り程度のコインなら収納できるように。
そんなことを考えてつくった[piastra]に【BUSCHETO】シリーズが追加となりました。

ReadMore →

2020年03月18日

piastra BUSCHETO

millefoglieⅡ P25 quadretti 素材についてのご案内

タンニン鞣し革にバフィングで縦横格子状のスクラッチを施した[millefoglieⅡ P25 quadretti]。
加工により濃淡が出た素材感が魅力ですが、ロットによってはシボやスクラッチの表情が比較的強く出たものが見受けられます。
エムピウではこれらも天然皮革の特性かつquadrettiの個性であると判断し、通常仕様として販売しておりますことから、参考サンプルとして強めに特徴が出ている画像を掲載致します。

オンラインストアにてご購入の場合には在庫からランダムにお送りしますため、カタログ及びストアページに掲載写真との差異を感じられる可能性がございます。
在庫管理上から個別のご希望に沿うことは難しく、風合いの程度についてのご指定はお受け出来ないことをご理解くださいませ。
また上記革の状態を理由としてのご返品はお客様都合扱いとなり、送料手数料等のご負担が発生してしまいます。

大変恐縮ですが以上につきましてご了承の上ご注文いただけます様、何卒宜しくお願い申し上げます。

2019年08月30日

quadretti material

piastra siena

コインも入る薄い財布piastraに新色sienaが追加となりました。

Minerva Liscioの中でも微妙に定番ではない色揃えが多いこのシリーズですが、シエナも初めての採用です。
とはいえ、その色味は「ちょうどいい濃さのブラウン」といった感じで、育てると如何にも風合いが良くなりそうです。

2019年05月15日

piastra siena

millefoglieシリーズの小銭入れ

millefoglieはエムピウ当初からあるシリーズで、基本的な構造は今まで変わることなく続いています。
今回はお問い合わせをいただきましたこともあり、小銭入れの仕様について解説致します。

millefoglieは『小銭入れの底幅を財布の幅より少しだけ広く』とっております。これは背面にお札を収納する厚みの余裕分を確保して、出し入れの余裕を持たせるために設計したサイズ差です。

ReadMore →

2018年12月02日

millefoglie 小銭入れ部分

piastra

パンツの後ろポケットに入れるための「薄い財布」、【Piastra】を発売します。

薄さを大事にした二つ折りながら、コインも入るようにしました。後ろポケットは意外と大きめのものが多く、縦横はサイズに余裕を持たせています。

革はエムピウお馴染みのMinerva Liscioですが、カラーは通常ラインナップに登場していなかったものもセレクトしております。

2018年11月02日

piastra