millefoglieシリーズの小銭入れ

millefoglieはエムピウ当初からあるシリーズで、基本的な構造は今まで変わることなく続いています。
今回はお問い合わせをいただきましたこともあり、小銭入れの仕様について解説致します。

millefoglieは『小銭入れの底幅を財布の幅より少しだけ広く』とっております。これは背面にお札を収納する厚みの余裕分を確保して、出し入れの余裕を持たせるために設計したサイズ差です。

以上から何も入れていない当初の状態では、小銭入れの底が「浮いて」いるように感じられることがあります。ご利用いただいているうちに、札入れ側に押し出されるようなかたちで馴染んでまいります。特に《CORDOVAN》や《TAN》では革の特性から余剰分がよれて見える可能性がございます。

新品を見た時に不良があるのではないかと気にされる方がいらっしゃるのですが、「使う時のこと」を考えて導いた仕様となりますため、ご理解をいただけますと幸いです。

millefoglie 小銭入れ部分