latest Topics

minitasca

release ‖ , ,

iPhoneを持ち歩くために便利なケースをつくれないかと考えて、生まれました。

ちっちゃいポケット、【minitasca】。
着けたまま使うことを想定したケースを作ってもモデルチェンジすれば使えなくなってしまうので、長く育てていただくために取り出して使う「ポケット」にしました。

下半分のやわらかい革の部分を外側から持ち上げて、むにゅっと中身を取り出します。上半分を硬い革にすることでスムーズに中身が出てくるようになっています。咄嗟にポケットから取り出せる構造を考えて、こうなりました。
上の革はイタリア製タンニンなめし牛革、下半分はシボ加工を施してアイロンで軽くアタリを付けたタンニンなめしのシープ革を使用。金具とバックループ二種類の留め具がありますので、ベルトや鞄に付けてお使いください。

iphoneケースとして考えたものですが、携帯電話やデジタルカメラなどサイズが合えば色々お使いいただけます。

minitasca

rotolo TAN

release ‖ ,

rotolo】シリーズに、【TAN】=ヌメが加わりました。
millefoglieⅡ TAN27】とお揃いの革を使っています。

マチはお馴染みのPigSuedeですが、SUEDEシリーズより10gだけ軽くなりました。 財布とペンケースをお揃いに・・・という方も、ヌメを育ててみたいという方も是非お試しください。

rotolo TAN

Buttero / Conceria Walpier

product material ‖ ,

「ブッテーロ」という革についてご紹介します。

ブッテーロ[Buttero]は、イタリア植物鞣し本革組合[Il Consorzio Vera Pelle Italiana Conciata al Vegetale]が認める、トスカーナ地方フィレンツェにあるタンナー、ワルピエ社[Conceria Walpier]によってつくられています。

植物性フルタンニン鞣しに染料仕上げを施した成牛(ステア)の肩部分(ショルダー)の革であることは前回ご紹介したMinerva Liscioと同様なのですが、しっとりしたリスシオに比べてブッテーロは若干張りがあるので、エムピウではFERMAシリーズのような革の弾性が必要な商品に用いることが多くなっています。

またブッテーロの特徴は「発色の良さ」にあると思います。まさにイタリアといった艶っぽく高い彩度の鮮やかなカラーのバリエーションが豊富に揃っているうえに、ガラスのような透明感のある仕上げによって革本来の風合いもそのまま残されています。

繊維密度が高く肉厚のショルダー革は、しなやかさと丈夫さを兼ね備えているのため革小物に最適です。使い込むにつれて艶が増し、明るいカラーもだんだん落ち着いて深くなり独特の味がでてきます。表面がデリケートで傷がつきやすい反面、それが復元していくように馴染んでいく、まさに「育つ革」なのでエイジングを楽しみたい方にもおすすめです。

google+ album

MARSUPIO / エイジング

product material ‖ , ,

タンニン鞣しゴート(山羊)のエイジングです。
ゴート革は独特のシボがあり、しなやかで薄くても耐久性があるところが特徴です。

写真は【MARSUPIO: choco / camel】で、chocoの方がエイジングが進んでいます。
かなり艶が増してきて、色もだんだんと深くなっていきます。

MARSUPIO / aging

google+ album

Liscio / Minerva / Badalassi Carlo

product material ‖ ,

エムピウでよく使っている「リスシオ」という革についてご紹介したいと思います。

バダラッシィ・カルロ[Badalassi Carlo]社はフィレンツェのタンナー地区で、イタリア植物鞣し本革組合[Il Consorzio Vera Pelle Italiana Conciata al Vegetale]が認める高品質な植物性フルタンニン鞣し革を生産している会社です。 植物鞣しは近代的なクローム鞣しに比べ、手間ひまとコストがかかる代わりに環境に優しく自然な経年変化を得られます。

バダラッシィ社はサンタクローチェ地方古来の伝統的なバケッタ[Vacchetta]製法を蘇らせました。 バケッタ製法とは、植物の樹皮などから抽出したタンニン(渋)を使ってじっくりと鞣し、牛脚油でゆっくりと加脂する伝統技術です。最近の革の多くは効率化のために合成油・魚油が使われているのですが、牛脚油は脂が浸透しにくくて時間と手間がかかる反面きちんと染み渡るため、オイル分が抜けにくいので使い込むほど艶が増して美しいエイジングが得られます。

仕上げは染料で行われています。顔料仕上げと違って、染めたものは生前の傷や首部分の皺(トラ)などが隠れ難くて表面もデリケートな一方、革が「育って」風合いが増す上質感があります。また色合いも落ち着いた自然な発色となり、次第に独特の深みが増していきます。

ミネルバ[Minerva]シリーズのリスシオ[Liscio]は、このバダラッシィ社の商品です。 リスシオは成牛(ステア)の肩部分(ショルダー)のみを利用した革で、イタリア語で「滑らか」という意味を持っています。その名の通りスムースでしっとりした感触があり、最初はマットなのですが、経年変化がわりと早く色と艶の深みがどんどん増していくので、革の表情を存分に楽しめます。愛でて育てる楽しみを味わっていただくのに最適な革だと思います。

… Read full story

millefoglieⅡ TAN27 / エイジング

product material ‖ , ,

ベルギー産のベジタブルタンニンなめしヌメ牛革。【millefoglieⅡ TAN27】のエイジングです。

新品の乳白色に比べてだいぶ味が出てきましたが、まだまだ良い風合いになります。
※このサンプルは半年ほど経ったものですが、エイジングの感じをご紹介するために毎日のように光(紫外線)にさらしたり手入れをしたりしています。表面に薄く汚れ止め加工が施されていることもあり、通常使いをされている場合ではエイジングにかなり時間がかかります。皆様にはゆっくりとヌメを育てていただけましたら幸いです。

millefoglieⅡ TAN27

… Read full story