m+ products

育つ、ということ。

日々、呼吸する。汗する。触れ合う。
それは私たちの日常。生きている証です。
m+[エムピウ]の革製品も、生きています。
使い手が汗するとき、革も汗を含み、 使い手が呼吸しているとき、 革も呼吸しています。

一枚革を畳む、丸める、包みこむ…
そんなイメージから生まれるm+の小物やバッグ。

植物タンニンでなめした天然皮革の持ち味。
たしかな腕を持つ職人の丁寧な仕上げ。
日常のシンプルな動作によりそう機能性。
そこに使う人の手が重ねられたとき、m+はゆっくりと育ちはじめます。日々触れられることでしなやかになり、深い光沢と味わいが生まれてくるのです。

たとえ同じ製品でも、育ち方は千差万別。
使い手の日常が革を育て、ものもまた、使い手が重ねる年月を記憶しながら豊かな表情を刻んでいきます。

ともに育つ、ということ。
m+が考える、ものと人の関係はそこにあります。

Breathing, perspiring, touching. These are actions and sensations which we experience every day. They remind us that we are alive. The same goes for the leather products created by m+ (pronounced m piu). They are alive, too. When their user gets sweaty palms, they absorb the moisture from his skin. As their user breathes in and out, they breathe alongside him.

A single piece of leather, folded, curved and wrapped to create a three-dimensional item…
This is the idea which gives birth to m+ bags and leather products.

The unique feel of natural leather, softly tanned with vegetable tannin.
The meticulous finish accomplished by a master craftsman.
The functionality that answers perfectly to our everyday, simple requirements.
From the moment an m+ item is enveloped in its owner’s hand, it begins its journey towards becoming a piece of aged leather, perfectly worn in all the right places.
Being softly handled every day makes the leather supple, and creates a wonderfully glossy sheen.

Even items which start out identical can grow to become as different as night and day.
On their surfaces, the items record the details of their life with their owner, and gradually become decorated with character, displaying a rich range of emotions.

As their owner grows and ages, so too do they.
This, indeed, is how m+ sees the relationship between objects and human beings.

Attention

ほとんどのエムピウ製品は、天然素材を最大限に活かしたタンニンなめし革を使っております。
そのため、革自身が持つ血筋・ムラやシボ、製作の際に生じる僅かなアタリなどがみられる場合がございます。
いずれもエイジングによって自然に馴染んでまいりますが、予めご了承ください。

また、育っていく革の魅力を妨げないために、色止め加工を最小限に留めております。
特にご購入直後や湿気がある状態で、布などに密着・摩擦されますと色移りしてしまうことがあります。
お使いいただくと徐々に移りにくくなってまいりますが、ご注意くださいませ。